スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナトリアの風景1

2012.06.09.22:22

こんにちは

暫くトルコの風景をご紹介していなかったので、仕入れに出掛ける際に撮りためていた写真をご紹介したいと思います。

こちらは大地と牛の放牧。
牛の瞳ってとっても澄んでいて、心優しくて、そしてとっても可愛いのでついついたくさん撮ってしまいます
IMG_1797.jpg
IMG_1787.jpg
IMG_1789.jpg
IMG_1795.jpg
IMG_1794.jpg


雲に隠れていますが、こちらは標高3916m、アナトリアで一番高いエルジエス山です。5月下旬の写真でこのとおり雪が残っておりますが、山頂の雪は一年中消える事がありません。
トルコの雪は意外と(?!)上質のパウダースノーなので冬はスキーリゾートとして大賑わいです。
IMG_1798.jpg

こちらはヒッタイト帝国の源、クズルウルマック(赤い河)。
紀元前17世紀頃、ここに世界最強の国家があったなんてロマンチック!!!
IMG_1790.jpg

私は滅多に漫画は読まないのですが、ヒッタイト帝国を舞台にした天は赤い河のほとりにはハマって一気に読んでしまいました。ロマンに浸れておすすめです


滞在先のホテルの電話台はこんな可愛いアルメニアのヴィンテージ木箱
IMG_1804.jpg

偶然見つけたやる気のないアンティーク商にはこんなに素敵な古家具が並んでいました。左下の丸っこい家具2点がベシックと呼ばれる赤ちゃんのゆりかごです。
IMG_1808.jpg

こちらはセルチューク朝時代の家具。

IMG_1809.jpg



やる気のないアンティーク商は店の鍵すら開ける気がないので外からの撮影でわかりにくいのですが、こちらは細工と色が素敵なアルメニア人の古い家のドアの様です。

これに強化ガラスを張ってダイニングテーブルに仕上げたらどんなに素敵でしょうか

IMG_1810.jpg

因にやる気のない=態度が悪い(笑)アンティーク商はガラスに写っている脚を組んだおじさんです。


最近の私達の夢はテラスに囲まれた古いペントハウスを買って改装する事ですが、それが叶ったらこんな古い家具を取り入れてみたいです。

ランキングに参加しております。
下のバナー2つをクリックして頂けるとランキング順位に反映する仕組みとなっております。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
スポンサーサイト

tag : トルコ 旅行 アンティーク 古家具

カワイイ多肉植物

2012.01.16.06:03

こんにちは。

皆さんは多肉植物お好きですか?私はフランスで出会ったこのカワイイ植物が大好きなのですが、生憎ここアンカラにはそんなカワイイものは売っていないのです。サボテンくらいしか売っていません。

ということで、昨年末の帰国に合わせていつもお世話になっている植物生活さんから多肉の苗をお取り寄せしてトルコに持って帰ってきました。

お世話になっている植物生活さん(ご本家は松井田バラ園)ですが、色々な種類の苗を扱っておられ、また、カワイイ苗達1個1個に名前(植物名)を書いた付箋をつけて送って下さるんです。お洒落なギフトセット等も扱っておられ、そのうえとっても低価格なのでご許可を頂いて宣伝とリンクをさせて頂きました。植物生活さん、今後とも宜しくお願いします。
 ■群馬県安中市松井田町松井田763-2
  松井田バラ園
  (Tel&Fax)027-393-3962
  http://plantslife.ocnk.net/(植物生活)
  http://foreverflower.ocnk.net/(フォーエバーフラワー)



取り寄せた苗達はとりあえず手持ちのティーケースに寄せ植えしてみましたが、如何でしょうか。本当は岩石に寄せ植えしたいのですが、これも悪くないかもですね。ヴィンテージのサイドテーブルの上で、癒し&インテリアアイテムとして活躍中です。
IMG_9844.jpg
日本からの長旅で苗達も少し疲れていますが、冬の間ゆっくり休んでもらって、春にたくさん芽吹いて欲しいと思います♥

それでは、今日もワンクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 海外インテリアへ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


可愛すぎる小熊ちゃん達

2011.11.19.10:31

CNNのニュースでとっても可愛い小熊の兄弟が遊ぶ様子とそれを見守る母熊が紹介されていたので是非ご覧下さい。

アメリカのヨセミテ国立公園での様子です。最初に十秒程CMが流れ、そのあとが本編です。




これが本当に自然と人間が共存している様子で素敵ですよね。

私が高校生だった頃、日本のニュースで、小学生達の遠足で下山途中に熊に出くわし、わざわざ猟師を呼んで射殺というのがあったのですが、その射殺された熊もこの小熊達とあまり変わらないくらいの大きさでした。

その小熊は、山で筍をみつけ、その前に座り込み、何度も右から左から、やっとみつけたその大事な食料を眺め、とっても嬉しそうに周りを掘っていたところを猟師に射殺されました。一口も口にする前に。。。その一部始終を映像で見たのですが、その時のショックは今でも忘れられません(今思い出しても涙が出ます)。

射殺は、付近に母熊がいたら小学生達が危険にさらされるからというのが理由だった様な気がしますが、あんなに嬉しそうに筍を掘っている赤ちゃん熊を、、、どうして短絡的に害だとして射殺する事が出来るのか。撃つしかなかったなら麻酔銃でも良かったと思います。

また、その遠足の小学生は200人位いましたがその目の前で射殺でした。あの小学生達はその光景をみて、その後、野生動物に対してどのように思う大人に育ったでしょうか。あれから十数年、日本の野生動物への対応はどう変わったのでしょうか。良い方向に変わっていれば良いですが。


それにしてもこのヨセミテの小熊ちゃん達本当に可愛いです。

かわいいと思って頂けた方は是非クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村


自然を満喫Kıbrıs Köyü

2011.11.13.05:15

今週火曜日、祝日の真っ只中、お休みを頂いて久々にトレッキングに行きました。

我が家から車で20分くらいの山の中Kıbrıs Köyü(クブルス村)という所です。
Untitled 2



なかなかマイナーな所なのですが、市街地からもそう遠くなく、ちょっと自然を満喫するには良い所です。インナーマッスル大活躍。

谷の間にきれいな小川があり、そのほとりでマスを養殖している民家兼屋外食堂があります。
IMG_1248.jpg


食堂のおじさんによると、小川を上った所に小さな池があるという事なのですが、今は湧き水がいたるところから出ていて、雨靴がなかったので引き返しました。夏場はきっと楽しめると思います。
Untitled.jpg

ここで拾った胡桃がとても美味しくて夫と私とユミちゃんで争い合でした。ショーンは水遊びに夢中。ローズヒップもなっていました。

ここに来た目的の一つがオーガニックのはちみつを買う事だったのですが、養蜂者は羊の放牧中で不在。蜂箱は普段は山に散在していますが、もう寒いので蜂達が凍死しないよう纏めて積み上げられ、蜂箱と蜂箱の間に毛布が挟んでありました。ほのぼのです。


宮崎県出身の私は時々、出来れば毎日、こうやって自然に触れて充電が必要です。
(こちら↓は実家からの眺め(夏バージョン)。林の麓に川があります。)
IMG_4017.jpg

今日もポチッと押して下さい。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

自然派化粧品

2011.08.15.10:11

意外かもしれませんが昔からトルコはアロマオイルやハーブの活用が一般家庭に浸透しています。どんな小さな町でも必ず『Lokman Hekim(語源はアラビア語)』と掲げたハーブ&スパイスショップがあり、良心的な価格でハーブティーの材料から自然派化粧品、ローヤルゼリー等を手に入れる事が出来ます。

今日はその中から私も使っている自然派化粧品を3点ご紹介します。ご紹介したいブレンドハーブティー等たくさんあるのですが今日は私の様に乾燥肌でお悩みの方にも抜群の3点です。

■ まずはアプリコットカーネルオイル(杏仁油)。アロマテラピーのキャリーオイルやベビーマッサージにお使いの方も多いのでは。オレイン酸、リノール酸が含まれ、保湿・消炎効果に優れているといわれていますので私はフェイシャルマッサージや湿疹に塗ったりして使っています。また、ビタミンA、B群、Eとミネラルが豊富ですので肌の老化や疲労にも効くのだとか。トルコ語ではTatil Badem yagiで直訳するとsweet almond oilですがオイル界のスウィートアーモンドオイルはまた別のものでこちらはアプリコットカーネル(シード)オイルです。←ややこしいですね

因みにアプリコットは5000年前の中国皇帝のメニューに始まり、その後古代ローマ時代にヨーロッパ、中東で栽培が盛んになったそうで結構歴史の深い果物です。そしてこのアプリコットですが、トルコ人は中の種を割ってその中身(このオイルの基)を食べるそうです。疑う私にさっそく夫が種を持って来て中身を取り出してくれ杏仁豆腐の匂いを確認しましたが、あんまり美味しくありませんね。

IMG_6457.jpg
入手ご希望の方はヤフオクかメールinfo@anatolianconcept.comまで。フランス産のものよりぐっと安いです。


■ お次はローズウォーター。トルコでは900年も前のオスマン帝国時代からバラ由来製品が使われており、現在は何と世界中のローズオイルの30%がトルコのウスパルタで生産されています。そしてこのラマザン(断食月)にだけ食べられるギュラッチというミルク系デザートにもローズウォーターが使われています。肌質を選ばず、収れん作用があり、顔にも体にも使えます。トルコで売られているローズウォータもピンキリですが特にこのRosense社のものは完全無添加。乾いた後の微かな香りも魅力的で顔から体まで全身に使えます。
IMG_6472.jpg
入手ご希望の方はヤフオクかメールinfo@anatolianconcept.comまで。


■ 最後は超自然派かつ高級な箱入りオリーブオイル石鹸。エーゲ海沿岸のオリーブ生産農家協同組合のTarisが展開するTa-Zeブランドのものです。約200gが1個、 約25gが8個入った木箱入りでギフトにも最適です。

材料は良質なエーゲ地方のオリーブオイル、塩、水、そして乾燥月桂樹のみの完全自然派。箱を開けると月桂樹の爽やかな匂いが漂います。泡立ちも程よく、洗い上がりは潤いを保ちながらもキュッキュッととても気持ちよいです。因にTarisは1915年に始まるオリーブオイルの大老舗で、世界的に権威のある食品コンテストのモンドセレクションで金賞を受賞したオリーブオイル『キドニア』でも有名です。
IMG_6380.jpg
IMG_6381.jpg
ローズマリー入りとラベンダー入りもあります。入手ご希望の方はヤフオクかメールinfo@anatolianconcept.comまで。


と、長くなりましたが乾燥肌の私はこのオリーブオイル石鹸で体を洗い、ローズウォーターで収れんし、アプリコットカーネルオイルや自然派クリームで保湿しています。自然派の製品を使用するという事は排水に配慮する事でもあり、環境保護にも繋がります

今日もお読み頂きありがとうございました。

最後にポチッとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

※ここから先は痒疹でお悩みの方に
私は20年来の痒疹持ちです。日本にいる頃はI群ステロイドを長期使用していましたが、海外に出てローズオイルやアプリコットオイル等植物オイルが症状を和らげる事を知りました。今はほんの少量のII群ステロイドと植物系オイルを組み合わせて使用しながら集中的な海水浴を行う等し、完治には至らないものの改善がみられますのでご参考になれば幸いです。もちろん、改善には個人差がありますので試用&使用はご自分の責任におかれることを付け加えます。


プロフィール

Fumiyo

Author:Fumiyo
e-mail: info@anatolianconcept.com

トルコ人の夫とアンカラ在住。
動物や自然そしてインテリアが大好き。イタリア→フランス→トルコと地中海地方に住んで早9年。地中海性の人々とつきあうのは苦労も多いですがポジティブな内容をブログに綴りたいと思います。コメント、リンク大歓迎です。

素敵な絨毯/キリムやクッションカバー、オリジナル家具等AnatolianConceptオンラインショップにてご紹介しております♪

Yahoo!オークション出品中
ID:cennet777
ヤフオク出品物リスト
Yahoo!オークション 2012年6月度 出品マスター ゴールド



☆ご意見箱BBS☆
ご意見、インテリア実例お写真お待ちしております。「Anatolian Conceptの商品ってどんな感じなの?」という方も是非ご覧下さい。
Anatolian Concept BBS

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
☆ランキング☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。