スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補足:会えないという事 ートルコ人のビザ取得ー

2011.08.30.09:46

昨日のブログネタについて、誤解を避ける為に少し補足を入れたいと思います。

昨日のネタは、あくまで、そういう事で最愛の人に会えない人達もいるんですよ、という世界を話の中心においていて、その背景については文章が長くなる事もあって割愛したものです。


世界中どの国においても外国人への査証発給審査は自国を守る為の大事な手段。現在、世界各国で移民問題が深刻化する中、どの国も査証審査を厳格化するのは当然だと思います。私も欧州に計4年住み、各国に滞在し、現実を目の当たりにしてきたので無知ではないつもりです。


しかし、昨日のネタについては、、、、、当時私は政府機関に勤めていたので身元もしっかりしており、滞在許可も地方ではなくフランス政府から受けていた身。アンカラの仏大は、政府機関に勤める者(私)の配偶者(夫)と出稼ぎ目的者との審査を同様にしているので怒っていたのでした。出稼ぎ目的者の方が審査をうまくすり抜けて、不法滞在して、、、と、厳しくする相手が違うでしょう、と。


それと、アンカラ仏大の、とある現地職員の意地悪な態度や不必要な書類請求は査証発給担当の外交官の知らなかった事で、私が忠告した事で少し改善した様です。これまでそこを訪れる申請者達は自分達のビザ発給がかかっていたのでクレーム出来ずに耐える事しか出来なかったので、そういうつけあがった職員が生まれたのだと思います。


そういえば、その査証発給官には何度も『あんたが政府機関に勤めていても旦那はただのトルコ人』と言われたのを思い出しました。ただのトルコ人で悪かったわね。。。



最後に、話が飛躍するといけないので一応書きますが、これは日本国の大使館/領事館については全く関係ありません。毎年日本人の海外渡航者と海外在住者が増え続けているにもかかわらず領事担当定員を殆ど増やしてもらえない中、手一杯ながらも多岐にわたるサービスを提供していると思います。


お読み頂き、ありがとうございます。下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

会えないという事 ートルコ人のビザ取得ー

2011.08.29.05:54

IMG_6677.jpg

公園で犬を放牧していたら犬を連れた女性が寄ってきました。暫く犬達を一緒に遊ばせながら犬の話をし、話題はいつの間にか彼女の最近抱えている問題に。

彼女はフェティエ在住でそこで知り合ったドイツ人の彼と1年程遠距離恋愛中。今まで3回ドイツのビザを取ろうとしたけれどもビザがおりず、今度こそはと本気になり、休みが取りにくい仕事を辞め、家の権利書と貯金も準備したけれど経済力不足と判断され、また、ダメだったそう。それで実家のあるアンカラで悶々とした日々を過ごしているという事でした。

それを聞いて、去年までの私達夫婦の話をし『正規に結婚しててもビザのせいで会えないんだから、今の状況でビザを得るのは相当難しいと思うけど頑張って。』というしかありませんでした。


去年までの私達夫婦とは、、、、

我が家も去年まで約1年半夫がトルコ、私がフランスの別居婚。距離が近いのでいつでも会えるだろうと転勤と別居婚を許してもらったのですが、とんだ誤算でした。ビザのためにたくさんのお金とエネルギーを消費し、必要のない喧嘩をし、夫も私も心身ともに疲れました。


ご存知のとおり、たかが観光であろうとトルコ人がビザ無し渡航出来る国は世界中に一握り。特にトルコ人のEU国へのビザ申請は、一に忍耐、二に忍耐、三四がなくて五にお金です。


ビザが取りにくかったお陰で1年半の単身赴任中、夫が私に会いに来れたのはたったの3回。ビザが人の逢瀬を阻止する理不尽な世界を知りました。そして、こういう状況にある場合、片方にもしもの事があった場合、それに間に合わないという最悪な事態がある事も知り、仕事を辞める理由のひとつにもなりました。


私達がビザ申請で酷い目にあったアンカラのフランス大使館(以下仏大)は、他国大使館同様に警備員やビザ窓口対応者は現地で雇われているトルコ人です。こういうところで働くトルコ人は縁故採用のくせにタカビーで態度が悪く、首でも絞めてやりたくなる者ばかり揃っていますので、御用のある方は心してかかって下さい。


因にアンカラの仏大はこんな感じです。
*入り口の警備員はビザ申請者を自分たちよりも身分が低いと思っていて態度が大きい。
*ビザ窓口担当者は毎日ガムをクチャクチャ噛んでいて難癖ばかりつける。
*職場の就業証明がいるというので持って行ったら『前の職場の就業証明ももってこい』と無理なものまで意地悪して集めさせようとする。その為、申請者は何度も出直す事になる。
*提出した書類を『捨てた』『貰ってない』と平気で言う。その後探させて見つかっても勿論謝らない。
*午後は2時開館5時閉館だが『フランス時間の2時(トルコ時間の3時)に開館、トルコ時間の5時閉館』と言い張る。
*『書類を揃え直して出直せ。中まで来ないで書類は警備員に渡せ。』というので出直しても勿論それが警備に伝わっているはずもなく、預かってもらえない。中の人に電話で確認もしてくれない不親切。再度外から電話し、警備窓口まで来た事を告げ、担当者が中から出てくる。の、繰り返し。
*申請の順番は番号札制だか、顔見知りの申請を優先するので機能していない。
*必要書類が揃っていても、申請を受け付けるつもりがないので他にも書類を用意させようとする構え。

等々。

あまりにも酷いので夫の3度目の査証申請時には、パリのフランス外務省に相談しました。意外にもとても親切で、夫のビザ発給許可をすぐにアンカラの仏大に出してくれたのですが、仏大は難癖つけて、夫のビザ申請を伸ばしてきました。当時を思い出すと本当に腹立たしいです。


そして、たかが一週間フランスに渡航する為に、ビザ申請に何日もの年休と交通費と体力を使い、酷い仏大のトルコ人職員の悪態に耐えて申請を行っていた当時の夫を思うと今でも胸が痛みます。


フランスでの仕事を辞め、夫と一緒にトルコに向けて飛び立つ時、やっとこれから一緒にいられる、と安堵した瞬間は未だに忘れられません。

同じ様な環境にいらっしゃる皆様、少しでも環境が改善される事を祈ります。

いつもありがとうございます。下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村














ゆみちゃんを探せ

2011.08.26.06:08

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ
にほんブログ村
↑おかげさまでランキング上昇中です。今日もワンクリックお願いします。

さて、突然ですがゆみちゃんはどこでしょう。
IMG_6572.jpg

いました。天使の様な寝顔です。
IMG_6571.jpg

その時ショーン君は
IMG_6570.jpg
床で丸くなって寝てました。

今日は昼の放牧で2匹とも泥はねがついたので順番にシャンプー。うちの犬達はシャンプーの後、ブルブルッとしずくを切った後、床に敷いたタオルにスライディングします。でもそのタイミングで『はい綺麗になったね〜。』と甘やかしながらタオルで丁寧に拭いてあげないとスネて相手にしてくれなくなるので手がかかります。もちろん、甘やかしたのは私ですが、、、。気持ち良さそうな顔を見るとつい。

写真は、シャンプー後の心地よい倦怠感に抱かれて存在を消して寝ているところです。泡にまみれてシャンプーされるのはどうやら嫌いな2匹ですが、その後の爽快感と倦怠感はたまらないようです。普段はこの部屋に2匹は入ってこないのですが、パソコンでの作業に集中していてふと気づいたら面白い所で寝ていたので思わず撮りました。癒されます

お犬様は葡萄がお好き

2011.08.24.05:59

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ
にほんブログ村
↑読む前にポチッと押して頂けると助かります!!


※お知らせ※
Anatolian Concept からのお知らせです。
日頃のご愛顧への感謝として、ブログをお読み頂いている方々に限り、サイトとヤフオクに出品中のもの全て10%OFFにいたします。『ブログ読みました』の件名でinfo@anatolianconcept.comまでご連絡下さい。世界各国送料込価格です。ローズウォーター、まとめ買いのチャンスです。ヤフオクはコチラサイトはコチラ


ショーンとユミの夕食と夜の放牧後、小腹が空いたのか2匹とも私の後をウロウロ、台所に来ては『何かないの〜?』と示すので冷蔵庫から葡萄を出してみたところ、大ヒット。最初は一房出したのですがあっという間に平らげたので皿2枚に2房ずつ追加、最後は枝までむさぼっていました。

深夜撮影なので画像が悪いですが、その一部始終はこちら。『枝もいけるのかな〜』というユミちゃんの神妙な顔が最高です
IMG_0996.jpg
IMG_0999.jpg
IMG_1003.jpg
IMG_1006.jpg
IMG_1007.jpg
IMG_1008.jpg
IMG_1009.jpg
IMG_1013.jpg
IMG_1014.jpg

環境に気をつけないと、、、

2011.08.23.08:45

うちで使っているTurmepa(Turkish Marine Environment Protection Associationの略)の食器用洗剤。石鹸と界面活性剤は中身の5-15%(ちょっと差がありすぎるけど)で成分は全て微生物分解出来るそう。トルコは食器洗浄機の普及率がものすごいので(個人的には欧州より上をいってると思います)食器用洗剤を使う機会はそうないためか、他国の様に界面活性剤不使用の洗剤はなかなか見当たりません。でも、できるだけ環境に良いものをと思って使ってます。ほとんどのものは食洗機で洗うのでそんなに出番はないですが、ね。
IMG_6499.jpg

そして、さらに環境に配慮して(且つ貧乏なので)オイル用ガラスボトルに詰め替え、水で半分に薄めて使っています。これでも十分汚れが落ちます。ガラスボトルなのでインテリア的にキッチンでの収まり具合も良いでしょうか、、、。
IMG_6513.jpg

そういえば、このブログを海外インテリアカテゴリーに登録しておきながらインテリアネタを全然書いていないので、突然ですがここで我が家のシンク周りの材料紹介。

カフェカーテン:上部ALVINE SPETS、下部WILMAを各々窓サイズにミシンで縫いました。
天板:NUMERAR←誰かおすすめのワックス教えて下さい。
シンク:DOMSJÖ
蛇口:ELVERDAM←中からホースが伸びて隅々に水をかけられるのですっごく便利です!!
注:上記は全てIKEAです。その他の部分は、次の機会に。


さて、環境ネタに戻りますが、今日、IKEAのレジで私達夫婦は凄いご婦人を目にしました。

大型ショッピングセンターって、割れ物等の包装等は会計後自分で行いますよね。それは世界中のIKEAも同じですよね。でも、私達の前に会計をしていたいかにもタカビーなご婦人、は違いました。大量に一番安い皿を購入しながらレジの女性に

ご婦人『ちょっと!これ包んでくれないの?
レジの女性『包装紙が出口付近に用意してありますのでそちらで。』
ご婦人『え!あんた、私をあんな所まで歩かせようっての!?冗談じゃない。じゃ、ピニール袋もっといっぱい出して。それで包むから。

と良い、その一番安い100円足らずの皿を一枚ずつレジのビニール袋で包み出しました。ビニール袋と言ってもIKEAのは質の良い厚手のやつなんですよ。勿体ない。

足りなくなると、他の人が会計中なのにすかさず『ほら、袋!』とレジの女性を急かす始末。私達の会計が終わってもずっと皿を包んでいました。

それを横目で見ながら私達は
私『世界中でビニール袋を使わない様にって動いてるのに、何様?最低。』
夫『本当に何様?腹立つ。でもあの場合レジの女もどっちもどっちで”そんなに袋はあげられません”って一言言えないのもおかしい。』と。
私『一言言えないお陰で30枚は軽く使ってたね。袋1枚5Krsですって言ったらどんな反応してたか(笑)』と。

因にそのご婦人『あんな所』と言っていた包装紙の前を所を通り過ぎながら出て行きました。

その後、カフェでだらだらしていた私達、20分は先に出たご婦人に駐車場でばったり車をどこに停めたか忘れたらしく、大量のビニールで包んだ皿の入ったカートを押しながらグルグル駐車場を廻っていました。閉店過ぎてもそうしていなさい今日の教訓:環境に気をつけないと、罰が当たります。

最後に、ポチッと押して頂けたら嬉しいです
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

雲海

2011.08.20.08:41

sky_00009.jpg

今朝起きたら犬達の部屋のドアの下からシリコンフィル(枕等のフワフワ詰め物)がはみ出ていました。嫌な予感は的中、彼らの部屋のドアを開けたらそこは一面雲海でした。


彼らは以前私達の寝室にあるIKEAのMELDALに寝ていたのですが、都合(ベッドが荷物置き場になった)により現在は別の部屋にて、私のお手製犬用ダブルベッドに寝てもらっています。



雲海の正体はそのダブルベッドの中身のシリコンフィルでした。ぬいぐるみでも何でも詰め物をほじるのが大好きなユミちゃんが夜中に中身を引き出し、内袋を引き裂き、中身をばらまいて天国のようなところで遊んでいたようです。しかも暗闇で。


『誰がこれを片付けるの〜!また私の仕事を増やして!』と注意したら、いつもはベランダに逃げて反省のふりをするユミちゃんですが、雲海があるのでベランダには渡れず、なぜかバスタブに入ってものすごく神妙な顔で反省のふりをしてました。なぜバスタブなのか理解出来なくて笑ってしまいましたけど。


そういえばショーンも幼い頃は私が仕事で夜9時を過ぎて帰ると必ずソファを掘っていて辺りが雲海になっていたのを思い出しました。お昼には必ず家に戻って世話をしていましたが、その後9時までおりこうさんに待つのは長過ぎ!ということだったのしょう。

犬達は散らかしている時、きっと最高に楽しいんでしょうね。それが情操教育に役立つ事を願って、これからも後片付け頑張ります。


最後にポチッと押して頂けたら嬉しいです。↓

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村





起きて〜!

2011.08.18.10:51

ソファでうたた寝中、悪夢にうなされもの凄く苦しんでいたのですが、ショーンが必死になって起こしてくれました不眠症のくせに一度寝ると雷が鳴っても起きない私なので起こすのは苦労したと思います。

いつも必要な時は彼の鼻面を私の首の下に入れて持ち上げて起こしてくれますが、私が起きるまでいつも結構な回数繰り返している事だと思います。彼の『起きて〜!』と言っている必死な表情とキューンという悲しそうな声が忘れられません。何て心優しいんでしょうもちろん、私達も彼らが夢でうなされている時は起こしてあげます。そうすると『ありがとう』みたいに尻尾を振って甘えて来てくれます。動物と一緒の生活、本当に幸せです。

さて、犬ネタの次は、ヤフオクに出品しているとっても綺麗なキリムクッションカバーをご紹介したいと思います。
IMG_6142.jpg


このカバーに使われているキリムですが、元々はいつもお世話になっている縫製屋さんの所にあり、発色もキリム自体もとても美しくて喉から手が出る程欲しかったのですが、結構な額だったので購入出来ずにいたものです。チフトカナットという二枚はぎの大きなキリムでしたがいつの間にか半分以上売れてしまい、残りを縫製屋さんの方でクッションカバーに加工されていたのでそれを買い取ってきました。

優しい発色による柔らかな雰囲気がとても素敵で、また、今は殆どみかけない程羊毛が細く紡いであり上品です。約60〜70年は超えているセミアンティークです。

ところどころついている房は、純潔を表すとも言われますが、実際、一つ一つに『夫の出世』『家族の健康』等と願をかけた印、という説の方が自然の様な気がします。

入手ご希望の方はメールinfo@anatolianconcept.com又はヤフオクにて。在庫は3枚のみです。

最後にポチッっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ
にほんブログ村

自然派化粧品

2011.08.15.10:11

意外かもしれませんが昔からトルコはアロマオイルやハーブの活用が一般家庭に浸透しています。どんな小さな町でも必ず『Lokman Hekim(語源はアラビア語)』と掲げたハーブ&スパイスショップがあり、良心的な価格でハーブティーの材料から自然派化粧品、ローヤルゼリー等を手に入れる事が出来ます。

今日はその中から私も使っている自然派化粧品を3点ご紹介します。ご紹介したいブレンドハーブティー等たくさんあるのですが今日は私の様に乾燥肌でお悩みの方にも抜群の3点です。

■ まずはアプリコットカーネルオイル(杏仁油)。アロマテラピーのキャリーオイルやベビーマッサージにお使いの方も多いのでは。オレイン酸、リノール酸が含まれ、保湿・消炎効果に優れているといわれていますので私はフェイシャルマッサージや湿疹に塗ったりして使っています。また、ビタミンA、B群、Eとミネラルが豊富ですので肌の老化や疲労にも効くのだとか。トルコ語ではTatil Badem yagiで直訳するとsweet almond oilですがオイル界のスウィートアーモンドオイルはまた別のものでこちらはアプリコットカーネル(シード)オイルです。←ややこしいですね

因みにアプリコットは5000年前の中国皇帝のメニューに始まり、その後古代ローマ時代にヨーロッパ、中東で栽培が盛んになったそうで結構歴史の深い果物です。そしてこのアプリコットですが、トルコ人は中の種を割ってその中身(このオイルの基)を食べるそうです。疑う私にさっそく夫が種を持って来て中身を取り出してくれ杏仁豆腐の匂いを確認しましたが、あんまり美味しくありませんね。

IMG_6457.jpg
入手ご希望の方はヤフオクかメールinfo@anatolianconcept.comまで。フランス産のものよりぐっと安いです。


■ お次はローズウォーター。トルコでは900年も前のオスマン帝国時代からバラ由来製品が使われており、現在は何と世界中のローズオイルの30%がトルコのウスパルタで生産されています。そしてこのラマザン(断食月)にだけ食べられるギュラッチというミルク系デザートにもローズウォーターが使われています。肌質を選ばず、収れん作用があり、顔にも体にも使えます。トルコで売られているローズウォータもピンキリですが特にこのRosense社のものは完全無添加。乾いた後の微かな香りも魅力的で顔から体まで全身に使えます。
IMG_6472.jpg
入手ご希望の方はヤフオクかメールinfo@anatolianconcept.comまで。


■ 最後は超自然派かつ高級な箱入りオリーブオイル石鹸。エーゲ海沿岸のオリーブ生産農家協同組合のTarisが展開するTa-Zeブランドのものです。約200gが1個、 約25gが8個入った木箱入りでギフトにも最適です。

材料は良質なエーゲ地方のオリーブオイル、塩、水、そして乾燥月桂樹のみの完全自然派。箱を開けると月桂樹の爽やかな匂いが漂います。泡立ちも程よく、洗い上がりは潤いを保ちながらもキュッキュッととても気持ちよいです。因にTarisは1915年に始まるオリーブオイルの大老舗で、世界的に権威のある食品コンテストのモンドセレクションで金賞を受賞したオリーブオイル『キドニア』でも有名です。
IMG_6380.jpg
IMG_6381.jpg
ローズマリー入りとラベンダー入りもあります。入手ご希望の方はヤフオクかメールinfo@anatolianconcept.comまで。


と、長くなりましたが乾燥肌の私はこのオリーブオイル石鹸で体を洗い、ローズウォーターで収れんし、アプリコットカーネルオイルや自然派クリームで保湿しています。自然派の製品を使用するという事は排水に配慮する事でもあり、環境保護にも繋がります

今日もお読み頂きありがとうございました。

最後にポチッとお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
にほんブログ村

※ここから先は痒疹でお悩みの方に
私は20年来の痒疹持ちです。日本にいる頃はI群ステロイドを長期使用していましたが、海外に出てローズオイルやアプリコットオイル等植物オイルが症状を和らげる事を知りました。今はほんの少量のII群ステロイドと植物系オイルを組み合わせて使用しながら集中的な海水浴を行う等し、完治には至らないものの改善がみられますのでご参考になれば幸いです。もちろん、改善には個人差がありますので試用&使用はご自分の責任におかれることを付け加えます。


自然を満喫-Nallihan-

2011.08.13.07:54

先週も行って来た我が家の毎年の避暑地Gurleyik村。アンカラを出てBeypazariを越え、Nallihanに向かってくねくね山道を約2時間半、人工的な建物が殆どない大地を抜けて行きます。
myalhi (1)

途中にある『Kis cenneti『鳥の天国』』は色んな種類の鳥達を見る事が出来る貴重な場所で特に繁殖期はその名が相応しい素敵な光景を見る事が出来ます。また、鳥の天国を見下ろす写真の虹色の山もロマンチックで必見です。

↓しばし涼しい画像をお楽しみ下さい。
IMGP0137.jpg
IMGP0132.jpg
IMGP0195.jpg
IMGP0134.jpg
IMGP0205.jpg


IMGP0131.jpg

イングリッシュセッターのユミちゃんは今回が初泳ぎでしたが、お尻が沈んだままでやはりうまく泳げませんでした。実はアイリッシュセッターのショーン君も今でこそふんふんと気持ち良さそうに泳げるのですが、ここで5年前に水泳デビューした時にはユミちゃん同様お尻が沈んだままでした。夫と一緒にここで泳ぎを教えたのですがうまくいかず、海に連れて行き、浮力を利用して教えてやっと泳げる様になったのでした。調子に乗ってビーチで若い女性グループを見つけては愛想をふって泳ぎを見せびらかしていました。犬も人間も同じですね。ユミちゃんもそのうち海に連れて行って特訓です。実家で飼っていたビーグル系の犬達は皆すぐに泳げたのですがセッター系は山を駆け回る専門で泳ぎは苦手なんでしょうか?

さて、このGurleyik村のあるNallihanといえばトルコ手芸『イーネオヤ』の里。イーネオヤの可愛いシルクピアス2点近々ヤフオクに出品しますのでお楽しみに。こちら→イーネオヤピアス

では、また次回。

最後にポチッとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ アイリッシュセッターへ
にほんブログ村






乾燥肌にはオリーブオイル配合ソープ

2011.08.10.02:07

こんにちは。風邪をひいて具合の悪いFです。鼻の症状がとくにきついので風邪薬を求めて薬局に行きましたらこの薬を出してくれました(下に敷いてるのはサンプル品のキリムコースターです)。
IMG_6366.jpg
内容物は、
鼻水を和らげる マレイン酸クロルフェニラミン 2mg
鼻づまりを和らげる 塩酸フェニレフリン 5mg
解熱鎮痛剤パラセタモール(アセトアミノフェン)300mg

一応鼻の症状を和らげる的確なものを処方してくれたようです。びっくりなのはそのお値段、なんと1リラ(今日のレートで43円!)です。20錠入ってます。

さて、本題ですが、今日はクチコミでご好評頂いているKIRLANGIC社のオリーブオイルソープをご紹介しようと思います。極度の乾燥肌なFですが、この会社のオリーブオイルソープシリーズはどれもオリーブオイルの含有が高く(原材料はの水の次にオリーブオイルが多い)肌の落ち着きと香りが良いので5年来愛用しています。お土産やギフトとしてもとても喜ばれており、お世話になっている方々にもご好評頂いています。
IMG_5955.jpg
IMG_5957.jpg
↑写真は固形石鹸、ハンドソープ、ボディーソープのセットです。もちろんバラ売りもあります。

ところがこのKIRLANGIC社、液体ソープの製造をこの夏で終了してしまいました。食品のオリーブオイルに力を入れるためだそうです。他社の内容物の怪しいオリーブオイルソープに圧されているのもあったのでしょう。

そこで、Anatolian Conceptでは、現在ある在庫を全て小売りから回してもらえるようにしましたので、ご興味のある方、リピートされたい方はお早めにご連絡下さい。

ヤフオクでも即決価格、送料込みで出品しています。ここ→クチコミで人気のオリーブオイルソープをセットで

それでは、また次回。
プロフィール

Fumiyo

Author:Fumiyo
e-mail: info@anatolianconcept.com

トルコ人の夫とアンカラ在住。
動物や自然そしてインテリアが大好き。イタリア→フランス→トルコと地中海地方に住んで早9年。地中海性の人々とつきあうのは苦労も多いですがポジティブな内容をブログに綴りたいと思います。コメント、リンク大歓迎です。

素敵な絨毯/キリムやクッションカバー、オリジナル家具等AnatolianConceptオンラインショップにてご紹介しております♪

Yahoo!オークション出品中
ID:cennet777
ヤフオク出品物リスト
Yahoo!オークション 2012年6月度 出品マスター ゴールド



☆ご意見箱BBS☆
ご意見、インテリア実例お写真お待ちしております。「Anatolian Conceptの商品ってどんな感じなの?」という方も是非ご覧下さい。
Anatolian Concept BBS

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
☆ランキング☆
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。